11/29/2015

No title








Vintage Jacket, fruit of the loom T-shirt, CHANEL skirt.


11/27/2015

Hoshinoya FUJI #3


もうしばらく星のや富士のお話。

夜は部屋にあるテラスの焚き火の前でドリップコーヒーをいただきます。
心地の良い暗さが昼とは違った雰囲気に。

朝はダッチオーブンで焼きたてのパンにスキレットで作ったオムレツ。
そういった演出により、美味しさは倍増します。












とにかくどこを見ても絵になるような造りはさすがの星のや。

ホテルで使われているアウトドア用品もチェックしたりなんかして、
かなり楽しめました。

ですが個人的な感想としては。。。

軽井沢のような大きな浴場がないというのが残念。。。
部屋のお風呂はファミリーには小さいし、
近くの温泉施設に行こうと思ってもわざわざ送迎を呼んで自分の車のある駐車場まで行かなければならないため、寒くなるこの時期は湯冷めしそう。。。

そして、星のや流のグランピングということですが、きっと実際にキャンプが好きな人は
多少の物足りなさは感じてしまうかも。

料理を作る楽しみは、やはりキャンプの醍醐味でもあるから
ホテルとしての上げ膳据え膳もいいですが、
食材と道具、レシピなど提供してもらい、アウトドアキッチンで全部自分で作れるサービスなんかがあったらとっても素敵なのにな〜。。
新しいキャンプ料理も覚えられるし。。。
ピザ作りなどはできるそうですが、その際にスタッフの方やシェフの方がいると気を使ってやりずらい。。。

もちろんすべてやってほしい〜という方にはなんの不便もありません。

キャンプも好きだけど快適なのも好き。。でもあまり干渉されたくない。
という私みたいなタイプは寝る場所と水回りが快適な部屋で、食材や道具の準備、後片付けをやっていただけたらそれだけで夢のよう。。。

そんなサービスや施設があれば
真冬のキャンプは寒すぎてキツイかな。。でも行きたい。。
って時にはここをキャンプ気分で利用したい。

と、完全な個人的希望です。

なんだなんだ言いながら交通の便も良く、雰囲気とサービスは本当に素晴らしいので
興味のある方は是非〜




11/23/2015

Hoshinoya FUJI #2


先日行ってきた、星のや富士での過ごし方。
チェックイン時にレセプションでバッグを選ぶと、
その中に滞在中使用できる6つの道具が。

ランプ、ブランケット、マット、マップに双眼鏡。そしてハンカチ。
それらを持って好きな場所で過すことができます。





ちゃんと子供用まで。
気が利いてます。





焚き火のあるクラウドテラスから、もっと斜面を登っていくと
なにやら白いティピ風テントが。




Nordiskのテントの中はリビング仕様に。

楽器も置いてあり、自由に遊んでください。とのこと。

自分がやるキャンプでは、こういう民俗調雰囲気なのはまずしないので
ちょっとオシャレ過ぎて落ち着かない。。。と思いながらも
むしろ自分がやらないこその非日常感を楽しんでみたり。。。








楽器やハンモック、ごろ寝できるデッキテラス。
そしていつでも自由に好きな飲み物をいただき、暖炉の前で読書もできる。

2歳児には遊ぶ場所には困りません。
もちろん親もリラックス。







11/18/2015

VOGUE girl


本日UP、Vogue girlの
”おしゃれプロに訊くワードローブのMY定番”。

私の定番を紹介していただきました。


10アイテムに絞るのは難しいのですが、なんとか絞ってみました。。。
どうぞ良かったら見てみてくださいませ!




11/16/2015

Hoshinoya FUJI #1



ぽっかりと突然空いた平日の2日間。
キャンプに行きたかったけど、自分も子供も若干風邪気味。。。

11月に入ると山の気温もかなり下がるため、
今回はキャンプとホテルの中間であるというグランピングを体験してみることに。

そもそも”グラマラス”と”キャンピング”を掛け合わせた造語ですが、
海外ではアマンリゾーツやフォーシーズンなどが高級テントのリゾートを
もうだいぶ前からオープンさせていたので正直そこまでの新しさは感じなかったものの。。。
自分もキャンプにハマっている今、あえて行ってみようと思い立ちました。


場所は富士の麓、河口湖。
全然意識していませんでしたが、紅葉が綺麗な良い季節。

まずは到着直後の様子から。。。





早めに到着し、お部屋の準備ができるまで山の上にあるクラウドテラスで一休み。
星のやには必ずあるライブラリーとカフェ。

自由に好きなだけいただける美味しいコーヒーや紅茶、ハーブティーにフルーツジュース。

そしてなんてったってここの良さは外のファイヤープレイスでマシュマロを焼いて食べられること!
それに合わせてチョコレートやビスケット、ナッツも置いてあり
自分で好みのスモアを作ることができます。














焚き火に喜び、マシュマロを焼きながらコーヒーをいただいていると、
スタッフの方が横にあるテーブルでなにやら調理している様子。

ダッチオーブンが火にかけられ、なんだか美味しそうなものの予感。。。






開けたらとってもいい香りの焼き林檎‼︎
そしてそれに合わせたバニラティーまで用意され。。。

ダッチオーブンって開ける瞬間がワクワクしますよね。

着いて早々、アウトドア感満載の嬉しいおもてなしです。





11/03/2015

Blog Archive