9/14/2011

Jan Švankmajer




Jan Švankmajer  ヤン・シュヴァンクマイエル



大好きなチェコのシュルレアリストの芸術家。
アニメーションや映画作家でもある彼とその妻、エヴァの展覧会に行ってきました。


以前にも紹介したように人形や写真を1コマ1コマ動かすアニメーションが
小さい頃からとても好きで、彼の作品もそういった技法を使ったものばかり。
ただ、ヤン・シュヴァンクマイエルの作品は完全に成人向け。
作品には性的な表現が多く、生々しい印象が好き嫌いをハッキリ分けてくれます。

最近はこの彼の作品をファッション的に表現する方たちもいるそうですが、
個人的には~・・・ 分かるけど。。。分からない。。。
なぜなら、本物が凄すぎて。

本当に次元が違います。
生で見て、そう実感しました。




その中でもALICEという作品は一番入りやすく面白い!
誰もが知っているアリスの物語を独特の世界観で。                      



ちょっと怖いけど愛嬌があるキャラクターたち。

彼の作品は人間の持つ、深いところの何かに気付かせてくれます。
きっと昔のチェコという国の情勢なども影響しているかと思いますが。。。

嫌いな方、写真を見てビックリした方、すみません。

でもせっかくなんで、秋の夜長にはこんな作品も是非!



Blog Archive